オミクス解析ウェビナー/対談シリーズ

近日中に公開予定です。

オミクスデータの可視化と確認すべきポイント

データを可視化することは、全体像を把握し、適切な解析をデザインすることの助けとなります。適切な解析をデザインすることにより、大量のデータをより有効に活用でき、有用な結果を得やすくなります。
このコーナーでは、RIASのVisualizationモジュールを使用して、データの視覚化において確認すべきポイントを解説します。

エピゲノム入門

Nucleosome structure. Structure of an oligonucleosome, showing t

Rhelixaはエピゲノム解析のリーディングカンパニーです。しかし、「エピゲノム」とは一体何なのでしょうか。
このコーナーでは、エピゲノムについて、細胞や遺伝子とは何かという基礎的なことから解説します。

エピゲノムと産業応用

エピゲノムの産業応用

「エピゲノムの産業応用」では、一般の方および研究者の方を対象として、論文を引用しながらエピゲノムを活用した産業応用の可能性について、できる限り平易な文章でご紹介していきます。

エピゲノムクロスロード

Nucleosome

「エピゲノムクロスロード」では、研究者の方を対象者として、専門家の視点からエピゲノムに関連する興味深い論文をご紹介していきます。

最高水準のエピゲノム解析

研究デザインから論文化・実用化までのあらゆる場面をサポート

専門の解析チームが生命科学研究のあらゆる場面を最適化するソリューションを提供します。研究プロジェクトの目的や予算、期間に応じて最適なプランをご提案し、あなたの研究開発を支援します。また、研究開発のあらゆる場面で必要となるデータの統計解析や機械学習、図版作成を基礎知識を必要とせず誰もが手元で実現できる環境を提供しています。

お客様の声

実際のお客様の声として、過去にRhelixaのエピゲノム解析を用いて論文を発表された東京大学アイソトープ総合センター教授 秋光信佳先生に、弊社代表仲木も同席してお話を伺いました。