スピード見積
空間 / 領域特異的
トランスクリプトーム解析を
低コストで実現
- 特定領域の遺伝子発現情報を光照射で取り出す -

Photo-Isolation-Chemistry 受託解析サービス[PIC]

お知らせ

現在、PIC用オリゴセットの販売のみ受付中です。
受託サービスは2021年5月10日(月)より受付開始予定です。

特定の細胞集団の遺伝子発現を調べるには?

レーザーマイクロダイセクション
レーザーマイクロダイセクション
組織及びRNAへの物理的な障害がある
セルソーティング
セルソーティング
位置情報が失われる細胞懸濁時のダメージ

Photo Isolation Chemistry(PIC)技術なら

1切片上で逆転写反応

2光照射領域のみblockerが外れる

3ライセートを回収し、増幅反応




光照射した領域だけの遺伝子発現を高感度に検出

直径75μmの照射範囲から、12,000~14,000遺伝子を検出可能です

Flowサービスの流れ

お客様
1. ご注文
2. 光開裂型blockerのついたオリゴを送付
お客様にて
  • 1切片の作成
  • 2光照射
  • 31st strand合成
  • 4ProKによる細胞消化
3.サンプル送付(冷凍便)
弊社にて
  • 5DNA抽出
  • 6サンプルQC
  • 7in vitro TranscriptionによるRNAの増幅
  • 8ライブラリの調製
  • 9シーケンス実施
  • 10各種バイオインフォマティクス解析
4.納品(作業完了報告書・解析データ)
rhelixa

Plan料金プラン


PIC用オリゴセット

120,000円(税抜)/24反応分
※1. ライブラリ作製に必要となる全てのオリゴが含まれます(24反応分)。
※2. 受託サービスをご利用頂くには、上記オリゴセットをご注文頂く必要がございます。


お知らせ

現在、PIC用オリゴセットの販売のみとなります。
下記受託サービスは2021年5月10日(月)より受付開始予定です。

※横スクロールしてご確認ください。

  • お客様御対応事項
  • 弊社受託事項
  • 概要

Standard plan

1検体あたり 180,000 円(税抜)
  • 14
  • 510
  • ProKによる細胞消化を実施後のサンプルをお送り頂き、弊社でバイオインフォマティクス解析まで実施します。

Basic plan

1検体あたり130,000円(税抜)
  • 17
  • 810
  • 増幅後のRNAサンプルをお送り頂き、弊社でバイオインフォマティクス解析まで実施します。

Library plan

1検体あたり55,000円(税抜)
  • 18
  • 910
  • お客様にて調製済みのライブラリーをお送り頂き、弊社でバイオインフォマティクス解析まで実施します。
オプションスライドガラス対応ブロック装備のサーマルサイクラー貸出:30,000円(税抜)/2週間

平日12時までのお問い合わせは当日回答いたします

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
営業時間:9:30-18:00
03-6240-9330

Feature特長

特定の細胞集団の遺伝子発現を正確に調べたいが
なるべくコストを抑えたい…

PIC技術を用いれば

PIC(Photo Isolation Chemistry)技術は光照射した領域に特異的に発現している遺伝子を正確に検出することを可能とした独自技術です。必要設備はBlockerオリゴDNA、正立顕微鏡、UV照射が可能な設備のみです。
▶参考文献 ▶参考書籍

Sample解析例

1. マウス脳組織の蛍光免疫染色
2. 細胞核の蛍光免疫染色
3. 光照射後の2の拡大画像
4. 光照射された空間/領域に存在する細胞のRNAを増幅し、   空間/領域特異的に発現している遺伝子を網羅的に検出

FAQよくある質問

切片の厚さはどれくらいが良いでしょうか?

切片の厚さは可能な限り5~10μm以内を推奨いたします。サイズは1mm×1mm以上を推奨いたします。
なお、光照射範囲によっても、必要となる厚さが異なります。推奨値よりも薄くなってしまう場合は回収できるRNA量が少なくなるため、可能な限りスライド数を増やしていただくことをお奨めします。

切片ではないものにも適用できますか?

現状のプランでは凍結切片のみとさせていただいております。順次展開していく予定です。

切片は凍結切片とFFPEどちらのことでしょうか?

現時点では凍結切片について受け入れております。FFPEに関しても今後受入可能とする予定ですので、お待ちくださいませ。

光を照射する顕微鏡のメーカー指定はありますか?

メーカーに指定はありません。ただし、正立顕微鏡でのUV照射を推奨いたします。(倒立顕微鏡も可)

染色で気をつけることはありますか?

明視野については制限はありませんが、暗視野用の染色に関しては365nm付近の波長以外である必要があります。詳細情報をご希望でありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

CONTACTお問い合わせ

平日12時までのお問い合わせは当日回答いたします。
お名前必須
ご所属必須
メールアドレス必須
オリゴセット
ご注文数量必須
希望プラン必須
お問い合わせ内容
販売代理店のご指定

当社プライバシーポリシーにご同意の上、お問い合わせフォームをご利用ください。