Germline mutation(生殖細胞系列遺伝子変異)とSomatic mutation(体細胞遺伝子変異)との違い

オミクス基礎知識

はじめに

医学や生物学の世界では、さまざまな種類の変異が研究されています。その中でも、Germline mutationは特に重要です。その特徴や影響を見てみましょう。また、Somatic mutationとの違いにも触れてみます。

Germline mutationの影響

哺乳類は、卵子由来の遺伝子と精子由来の遺伝子を対として持っています。つまりひとつの遺伝子座に対して、母由来と父由来の2個の遺伝子を持つ事になり、この事を対立遺伝子(アレル)と表現しています。Germline mutation変異は、生殖細胞(卵子や精子)に起こる遺伝子変異です。
もし、両親のどちらかが片アリルにGermline mutationを持っていた場合は、子には50%の確率でそのmutationが引き継がれ、全ての細胞にその遺伝子変異が存在する事になります。そして、さらに次の世代へ、50%の確率で引き継がれる可能性が出てきます。このようにGermline mutationは、遺伝性疾患・家族性腫瘍を理解するうえで重要となります。若年性発症で家族歴を有するがん患者の場合には、Germline mutatoinを有している可能性が高く、本人や親族の遺伝子検査が必要となる事があります。

Somatic mutation の影響

一方、Somatic mutationは、体細胞に発生した遺伝子変異で、遺伝子変異を起こした一部の細胞にのみその影響が現れます。原因として、紫外線や化学物質によるダメージ、生活習慣に起因するストレス、加齢に伴うDNA複製のエラー等が知られています。原則、子孫に引き継がれる事はありません。

まとめ

Germline mutationとSomatic mutationは、それぞれ生殖細胞と体細胞に生じる異なるタイプの変異です。Germline mutationは遺伝的な影響を持ち、子孫に変異を遺伝する可能性が高い一方、Somatic mutationは個々の細胞に影響を与えますが、遺伝的な影響はありません。

WGS受託解析サービス

レリクサでは、WGS受託解析を承ります。
お問い合わせ・お見積もりはこちらから。

WES受託解析サービス

レリクサでは、WES受託解析を承ります。
お問い合わせ・お見積もりはこちらから。

レリクサのバイオインフォマティクス解析

レリクサでは、バイオインフォマティクス解析も承ります。
お客様のお手元の取得データ済みデータを解析することも可能です。
お問い合わせ・お見積もりはこちらから

レリクサのサービスなら

丁寧なビフォアサポート・アフターサポート
15名以上の博士研究者が在籍。高い専門性と丁寧なサービスで、最後までご満足いただけるサービスを提供します。

リーズナブルで高品質なシーケンス
競争力のある複数の国内外シーケンスプロバイダーと提携し、低価格・高品質なデータ取得を実現しています。データ解析をご自身で実施するお客様からも選ばれています。

カスタム実験・オーダーメイド解析・統合解析にも対応
ご研究目的やご要望の図版、参考文献等に応じて、標準サービスメニュー外のカスタム実験・カスタム解析・マルチオミクス解析・統合解析も承ります。

株式会社Rhelixa(レリクサ)について

当社は最先端のゲノム・エピゲノム解析で培ってきた技術を活用して、生物学・医学・薬学領域における基礎研究や製品・ソリューションの開発、またはそれらの受託業務を行っています。次世代シーケンサーにより得られるエピゲノムデータの他、ゲノムやトランスクリプトーム、メタゲノムデータを組み合わせた統合的なデータ解析により、細胞制御の詳細なメカニズムの予測や精度の高いマーカーの探索を行います。また、研究開発のあらゆる場面で必要となるデータの統計解析や図版作成を基礎知識を必要とせず誰もが手元で実現できる環境を提供しています。