世界初、新型コロナ変異株の感染力評価サービスを開始

令和3年10月20日(水)
株式会社Rhelixa

世界初、新型コロナ変異株の感染力評価サービスを開始

株式会社Rhelixa(以下「Rhelixa」)は2021年10月1日より、新型コロナウイルス変異株の感染力を評価するサービスを開始しました。スーパーコンピューターによるシミュレーションを用いて、変異株のゲノム情報をもとに、変異したウイルスのタンパク質と体内のタンパク質との結合を計算し、新型コロナウイルス変異株の感染力を評価する、世界初のサービスです。

日本ではこれまで、160万人以上の方が新型コロナウイルスに感染しておりますが、今後も、感染力の高い新たな変異株が出現する可能性が示唆されています。新しい変異株が出現した場合には、変異株の感染力を早急に評価し、その特性に基づいたワクチンや治療薬の開発を行うことが重要です。しかし、実験により感染力を評価するには、長い期間を要することに加え、危険を伴うことが課題となっていました。

今回、Rhelixaが独自開発した、スーパーコンピューターによる高速シミュレーションを感染力評価に用いることで、従来の方法と異なり数週間以内での評価が実現でき、また感染の危険性もありません。

10月20日より、主に製薬メーカー様、学術機関様を対象とする、感染力評価の受託サービスを開始致しました。本サービスにより、変異株が出現した際のワクチン・治療薬の開発を加速させ、新型コロナウイルス感染拡大防止に貢献することを目指します。

■ 株式会社Rhelixa(レリクサ)について

当社は最先端のゲノム・エピゲノム解析で培ってきた技術を活用して、生物学・医学・薬学領域における基礎研究や製品・ソリューションの開発、またはそれらの受託業務を行っています。次世代シーケンサーにより得られるエピゲノムデータの他、ゲノムやトランスクリプトーム、メタゲノムデータを組み合わせた統合的なデータ解析により、細胞制御の詳細なメカニズムの予測や精度の高いマーカーの探索を行います。また、研究開発のあらゆる場面で必要となるデータの統計解析や機械学習、図版作成を基礎知識を必要とせず誰もが手元で実現できる環境を提供しています。

サービスの詳細はこちら