オミクスデータの可視化と確認すべきポイント

はじめに

次世代シーケンサーから得られたデータを用いた比較解析には、様々な手法があります。データを可視化することは、全体像を把握し、適切な解析をデザインすることの助けとなります。適切な解析をデザインすることにより、大量のデータをより有効に活用でき、有用な結果を得やすくなります。自分のデータにはどのような可視化が適しているか。それを理解するためには、どのような可視化方法があり、どういう場面で用いられるかを把握する必要があります。

可視化の役割と意義

【効果的なデータの見せ方ができる】論文などで数字データを、きれいに、わかりやすく見せる。

【データ解析における重要なプロセスの1つ】NGSデータから生物学的意味を導き出すまでには、データのクオリティチェックやデータ定量など、様々なプロセスを経ています。データの可視化も、外せないプロセスです。

【データのクオリティチェック】アウトライヤーや不要なデータがあると、統計的有意が得られなくなってしまうので、可視化によりその確認を行います。

【解析デザインの検討】群が6群、7群と多くなってきた時に、比較の組み合わせは膨大になります。最初にどの分類が有効な解釈に繋がるかを、可視化により見定めます。

RIAS Visualizationでデータを可視化

Rhelixaでは、データを視覚化するツールRIAS Visualizationを提供しています。RIASでデータの可視化を行い、それぞれの手法における確認すべきポイントをご紹介していきます。
【RIASユーザーライセンス】現在はβ版として、弊社の次世代シーケンスデータ解析プランをお申込みのお客様向けのみにご提供しております。一般公開までお待ち頂けますよう、お願いいたします。

RIAS User Manualおよびデモデータは、こちらからダウンロードください。
RIAS Visualization ユーザーマニュアル   RIAS Visualization デモデータ

1.編集中

2.編集中

FAQ

編集中

お問い合わせ

編集中

研究デザインから論文化・実用化までのあらゆる場面をサポート

専門の解析チームが生命科学研究のあらゆる場面を最適化するソリューションを提供します。研究プロジェクトの目的や予算、期間に応じて最適なプランをご提案し、あなたの研究開発を支援します。また、研究開発のあらゆる場面で必要となるデータの統計解析や機械学習、図版作成を基礎知識を必要とせず誰もが手元で実現できる環境を提供しています。