湯野浜ヒューマノームラボに関するRhelixaのインタビュー記事が掲載されました

第7回:細胞をパカっと開けて見えるもの ー 変化するエピゲノムから人の健康を探る

ヒューマノーム研究所と生体データ計測・解析を専門とするベンチャー企業5社による共同研究プロジェクト「湯野浜ヒューマノームラボ」の連載企画。第4回から5回にわたり、プロジェクトの旗振り役としてベンチャー集結を呼びかけたヒューマノーム研究所の井上浄を聞き手に、スペシャリストたちの見つめる世界を共有しながら、ヒューマノーム研究によって拓かれるその先の可能性について探っていく。

記事の内容は以下にてご覧いただけます。

https://humanome.jp/yunohama-07/

シェア:
カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です