筑波大学シンポジウム「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」にて代表の仲木が登壇

2017年12月1日 (金) ~ 3日 (日)で開催された筑波大学シンポジウム「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」において、代表の仲木が登壇しました。

タイトル:全ゲノムシーケンシング時代を勝ち抜く計算科学技術

(シンポジウムの詳細はこちら

今後とも増え続けるNGSゲノム・エピゲノムデータを活用する上でどのような計算科学技術が求められるか、Rhelixaがどのような戦略をとっていくかをお話ししました。

シェア:
カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です