国立がん研究センター開発のエピゲノム解析システムを当社へ移管

この度、国立研究開発法人 国立がん研究センター 分子診断・個別化医療開発グループ エピゲノム解析分野 牛島研究室より、DNAメチル化アレイデータ解析システムMACON(Methylation Array Computing Navigation)の運用が当社に正式に移管されました。

 
MACONはIllumina社のDNAメチル化アレイ(Infinium® DNA Methylation Array)により得られたデータのフィルタリング、正規化、アノテーションなどを行うための自動化パイプラインです。

当社のビジョンである「エピゲノムに基づくあらゆる指標の開発において利用される技術を創出する」ために、今後、牛島研究室との共同研究を通じてMACONの機能拡張を推進していく予定です。

MACONは以下URLより無償でご利用頂けます。
https://rias.rhelixa.com/

シェア:
カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です